建築基準適合判定資格者検定(建築主事等)受験講習会

今日は終日 TOC有明で建築基準法適合判定資格者検定(建築主事等)受験講習会だった。

参加者は会場一杯の400名と主催者は言っていた。

指定確認検査機関ができてから行政の建築関係の職員の数が減り、ここに来て団塊の世代が定年退職をしたために、行政に建築主事資格を持っているものが少なくなっているそうだ。

今までは、指定確認検査機関の検査員の補充は行政OBに頼っていたが、近い将来には行政OBの建築主事資格者が少なくなるから 指定確認検査機関も自前で検査員を増やしていけないといけない。

しかし、そこは民間会社の宿命で社員が検査員になると他の確認検査機関への転職も多くなり流動性も高まる。

指定確認検査機関制度が出来て良かったことは、完了検査率が90%ぐらいまでになっているそうだ。

昔は確か30%程度だつたはず。

指定確認検査機関制度のせいとばかりは言えまい。世の中に法令遵守の傾向が高まったというのが一番の理由ではないだろうか。

講習会が終わり、いよいよ8/26の試験まで三ヶ月あまりの最終レースが始まったという気がしてきた。

今年から小論文が廃止され、設備関係の試験にかわるとの事で、設備設計一級建築士の法適合の試験問題みたいのがでるのか、考査A,Bに設備関係の試問が含まれるのか不明。

まあ、先に設備設計一級建築士にトライして取得しておいて良かったなぁと思う。実務的には、あまり役に立たない資格ではあるが設備の勉強をまとめて出来たし、次の資格試験に繋がったので良しとするか・・・。

尚 私は今年が始めての受験だが、周辺には四回目、五回目という つわものが結構いる。

試験は勉強をしたものが合格し足りなかったものが不合格となる 意外と明快。


「建築基準適合判定資格者検定(建築主事等)受験講習会」への11件のフィードバック

  1. SENOさん

    しばらくぶりでした。
    応援ありがとうございます。
    純金積み立てコツコツ プラチナ積み立てコツコツ と毎日少しずつ勉強しています。
    最近 面白い住宅完成していますか?
    面白そうなのがあったら又見学会に誘ってください。

    NUU

  2. はじめまして NUUさん

    建築基準適合判定資格者検定で検索したらヒットしました

    今年建築基準適合判定資格者検定を受ける予定でいろいろと情報収集をしております

    去年の建築基準適合判定資格者検定はいかがでしたか?

    何かアドバイスいただければ嬉しいです

  3. >もんどさん

    過去問を何度も法令集を紐解きながらやることに尽きます。
    問題の範囲は限定的で難易度は高くないので、正確さと速さを磨き上げる必要があります。

  4. NUUさんへ

    アドバイスありがとうございます。

    問題の範囲は限定的→たしかに一級の法規よりも範囲は限定されていそうですね。

    難易度は高くない→その割りには合格率は高くないようですので気を緩めずにがんばります。

    これから勉強を始めるところなので、まだまだ不安なことだらけですが、

    がんばります。

  5. NUUさんへ

    お疲れ様です。

    度々スミマセン。

    法令集の線引きってどうしましたか?

    一級の試験の時と同じ様に線引きしましたか?

    それとも、1級と主事試験は内容が違うから、過去問を解きながら出題されたところに線引きしたほうがいいとか?

    アドバイスいただけますか?

  6. >もんどさん

    お疲れ様です。
    法令集は試験用に新規に買い求め、過去問(考査A、考査B)を解きながら、マーキング・線引きをしました。
    文字・数字等の書き込みは禁止で、受験日に法令集チェツクがあり 書き込み箇所はマジックで消すように指示されます。

    勿論 過去問とは異なるとこもマーキング・線引きします。
    試験では ほとんど法令集を紐解いている時間は無いと思いますよ・・・(-_-メ)

    私は時間的に苦しかったです。
    ゆっくり考えれば間違うわけが無いのに・・というところが多かった。
    スピードと正確性が必要なので とにかく何度も過去問制覇かと思います。 

  7. NUUさんへ

    なるほど~です。

    過去問を解きながらマーキング・線引きすることは1つの試験対策になりますね。

    文字・数字等の書き込み禁止が怖いですが、

    線引きさっそくやってみます。

    ありがとうございました。

  8. Mr.nuuさん

    こんにちは。

    平成24年度の建築基準適合判定資格者検定(建築主事等)受験講習会に昨日参加してまいりました。

    毎年講師が違うのかな?

    午前中の考査Aの講師は昨年の受験者で、講義の内容は「私は7月から勉強をスタートして合格しました」という講師の体験談でした。

    また、手引きで去年の過去問の解説を見ていたら、内装制限(共同住宅)の回答で自動車車庫の内装の検討もしていた。

    必要ないでしょ!?と突っ込みたくなった。

    相変わらず誤字もあったし。

    以上、報告でした。

  9. >もんどさん

    考査Aの問題解説が、ほとんど昨年合格者=講師の受験体験談だったらしいですね。最後にバリアフリー法の問題をされたらしいですが・・・。

    人の受験体験談は参考にはなるでしょうが、前年問題解説を主とした講習会で長々とやるようなことではなかったとは思います。

    受験勉強の方法は各自それぞれだと思います。みな子供じゃないし、それぞれの環境で異なります。

    役所の人なんかは受験前に長期間休暇を取って受験勉強するらしいですが、民間の職場だと そもそも人数がギリギリで仕事しているので そうもいきません。誰しも受験前に長期間の休暇をとって受験勉強するのが、一番良いと思っているのではないでしょうか。

    考査Bの回答というか採点は良くわからないのです。

    例えば道路斜線などは あきらかに不適合なのに適合箇所も計算しチェツクするような模範解答になっていますが、そうしないと減点するということなのでしょうね。そもそも考査Bは各問題の配点がよくわからないし。

    その点 考査Aは17問×2点=34点ですから どれだけ考査Aの解答精度をあげるかが合否の分かれ道かと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>